サファリ改造

ジョッター

 

ペン先にボールが付いているペンを総称してボールペンと言いますが、筆記具の世界ではだいたい油性インクのペンのことをボールペン(ただしくはボールポイント・ペン)と言い、水性インクを使用するペンのことをローラーボール・ペンと言います。
(さらに…)

モンブラン

どうなんでしょうかね、モンブラン!

montblanc
このサイトでは一切オススメしていないメーカーなのですが……

 

 

そもそも、今のモンブランって筆記具メーカーと呼ぶには憚られるのが現状。だと思う〜
買収前は高品質な文具を世に送り出していた(?)のかもしれないが……惜しまれるばかりです。

 

 

 

現在は南アフリカの実業家が創業したリシュモンという企業グループの傘下。
リシュモングループは宝飾品や時計、宝石を取り扱っている企業で、買収された後のモンブランはグループ内の中堅として、
モンブランブランドの腕時計、香水、革製品など文具メーカーなの?と言いたくなるほど手を広げており、今のモンブランはそれらが売上高の6割……すでに筆記具メーカーとは言えないような状況だ。

 

 

ホント、昔取った杵柄とブランドネームだけで生きている感が否めないっす

 

天冠についているホワイトスターは有名なんだけど、時計でいうところのロ○ックスのようで(´・ω・`)
物を知らない成金か、無理して購入した若造&オサーンのイメージしか持てない。

 

 

 

買収後、新しく就任した社長がドイツの万年筆雑誌のパーティーにて、「わが社の筆記具は実用品ではなく装飾品だ」と述べたなど、(主に悪い意味での)ニュースに事欠かなくなりましたよね。

文具界の雄パーカーの「実用品として最高峰の筆記具」とはまさに対極。

 

 

企業としての方向転換は素晴らしいと思う。
資本主義は稼げる時に稼げるところで!が基本ですし。

 

実用品ではない高級筆記具
▲ 社長自ら「実用品ではない」と言いきった元高品質の高級筆記具

 

 

1390年代の世界大恐慌で破産寸前のキャデラックを救ったのもメーカーとしての方針転換だったしね。
その時にはGMのキャデラック事業部の経営を任されていたコラス・ドライシュタット氏が「ライバルは他の車メーカーではなく、ミンクのコートとダイヤモンドだ!」と言ってのけ、大恐慌時にも関わらず見事な立て直しをはかった。

 

つまり、それまでは車屋さんとして当たり前のように行ってきた、車としての性能アップ(新しい燃費向上技術の開発とか)なんて、キャデラックを買おうとしてくれているお客様が望んでいるのか?
ただの移動の足としてキャデラックを買うのか?と考え
「彼ら(彼女ら)は、移動手段としてキャデラックに買いにくるのではなく、ミンクのコートやダイヤモンドと同じく
キャデラックに『ステータス』を求めて買うのだ!」との考えで乗り切った。

 

要はモンブランと同じく実用品として売っているのではないってことで、それは正しい判断だった。
文具好きとしてはあまり嬉しくない感じだけど、書き味や性能をガン無視して「有名だから」で購入されるモンブランには似合っているのかもしれません。しかしよくあんなものにあんな金額が出せる……。

 

 

 

 

知らない方々が名前だけで買っている文房具なら、モレスキンもそうだね……

エモーション ピュアブラック

梨の木モデルで管理人の心を鷲掴みにした、私の常用ボールペン「エモーション」に新色がライナップ。

漆黒のボディが美しいファーバー・カステルの「エモーション ピュアブラック」

人間工学に基づいた握りやすい形状はそのままに、メタルの質感を残したつや消し漆黒の装い。
バネ式クリップはシャツのボタンを痛めず、パーカーリフィルで替芯は好みで選び放題。
そして、ボールペン後部をひねることで芯が繰り出される「ツイスト式」。

 

 

書き心地も握り心地も素晴らしいうえに、このデザイン……おすすめの一本です。

 


パーカー プリミエ

パーカーの最高級ラインはデュオフォールドですが、プリミエもなかなかのものです。
なかなかと言うより、プリミエの上はデュオフォールドしかないんですけど

「書く喜びを高める」をコンセプトに持つプリミエ。

装飾品としての筆記具ではなく、しっかりと実用のために作られたアイテム。
筆記具の王様であるパーカーが、「世界で最も愛される筆記具」と言われる理由の一つだと思いますが、モンブ○ンのように「装飾品」ではなく、「実用品であること」。その当たり前を当たり前のように物作りに反映させる精神が、パーカーの名を不動のものにしているのだと思います。

パーカー プリミエ

デュオフォールドはさすがに手が出ない…
まだ持てるほどの貫禄がなあ…

そんなあなたにもプリミエ。
もちろん、「間違いのない素晴らしいボールペン」を求めている方にもプリミエ。

 

ボールペンの書き心地は、軸の重量バランスや持ち心地、そしてインクで決まります。
このプリミエは、軸の径が太く持ちやすく外観のデザインや質感も文句なし。
真鍮製のこのペンは適度な重量感もあり、実用面でも最高評価を与えられると思う。
もちろんインクはパーカータイプのリフィルですので、easy flowもゴリアットも選び放題。

一生愛用する生涯のパートナーに足るアイテムです。

 

正直、嫌みにならない程度のこのデザインは、使いどころを選ばない“実用”からみるとパーカーのライナップの中でも最高のできだと思います。
デュオフォールドは、一般社会人が普段使いにするには少し豪華すぎる(´>∀<`)

 

 

 

こだわりのオススメは新色のソフトブラウン

プルミエの新色ソフトブラウン

 

ため息ものの美しさ……
誰にも気づかれない大人のこだわり(気づかれるとは思いますが)
アナタもはじめてみては?


カランダッシュ 849コレクション

巨人を生み出したスイスの誇る高級筆記具メーカーCARAN d’ ACHE(カランダッシュ)。

リフィルランキングで2位にランクインする「ゴリアット(巨人)」を生産する、書き味に間違いのないメーカーだ。

 

ボールペンのリフィルを自社で生産できる数少ないメーカーであるカランダッシュ。
同社のゴリアットは名前の通り、ボール(リフィル先端)が大きく、非常に滑らかな書き心地。
書くことにこだわったその姿勢は90年間守り抜かれ、SWISS MADEに相応しい出来映えで、スイスの伝統的製造技術に根ざした完璧さへのこだわりを持つ信頼の置けるメーカー。

caran-dache-849
▲カラフルなモデルが多いのも特徴

 軽いノックと軽快なノック音はスタイリッシュな849コレクションに合い、握りやすい伝統の六角形軸を採用。
見る人が見れば一目でカランダッシュだとわかる伝統の形。

 

 


 

パーカー ジョッター

今から60年以上前の1954年に販売を開始した、筆記具の王様パーカー最初のボールペン「ジョッター」

初めての発売されたボールペンでありながら、今なお売れ続けている偉大な1本。
今の世にある「普通のボールペン」の基礎は、このジョッターが作り上げたもの。
ノック式で繰り出されるリフィル。しかも、ノックする度に芯が回転する仕組みをすでにもっており、これは金属製のボールが偏摩耗するのを防ぐためで、
現在は多くのボールペンで採用されている。
長く書き続けられる大容量インクや、太さの違う替芯を用意したのもこのモデルから。
これらが、「ボールペンの元祖」と言われる所以であり、パーカーを「筆記具の王様」へと導いた。

ジョッター
ジョッターのオススメポイントは、そのノック感
一般的にこれまで使ってきたであろうボールペンたちに比べると、重くしっかりとした押し心地。「カチっ」と押し込まれるジョッターのノックは一般的な安物のボールペンとは一線を画す。

60年前のボールペンが今も普通に生産され、販売されているという脅威の現実。
その歴史に並ぶ1本は他にはない。
しかも……ついつい値上げするのを忘れていたのか、定価で1080円程度というまさに「お値段据え置き」。
長〜い歴史を持つジョッターは、カラーバリエーションが豊富なのも特徴。

 


しかし、個人的にはあまりオススメできるボールペンではないです。

確かに偉大であり、歴史のあるモデルではある。当時からみたら「革新」意外の何物でもなかったジョッターではあるが、ボールペンの元祖や基礎だけでは物足らない。
ジョッターはそのお値段なりの軽量なモデルであり、質感も安っぽく、ペラッペラなプラスチックなんだろうと思わせるチープ感があるのは否定できない。
個人的に、寸足らずと思わせるショートサイズの本体は、カナリちゃちくみえる。
書き心地に関しては、現在のパーカーのボールペンは全てPARKER純正のクインクフローを使用するので、パーカータイプのリフィルが入るメーカーであればどのボールペンでも違いは持ち心地だけ。
そして、短く軽量なジョッターは持ち心地が素敵とは言いがたい……

 

パーカーで、重みのあるノック式のボールペンを望むのであれば、もう1000円足してIMを購入するのがオススメ。
ジョッター2本分程度では味わえない所有欲を満たすアイテムだと思う。

parker-im

タウンゼント

基本的にこのサイトで紹介しているボールペンは、パーカータイプのリフィルを使用しているペンばかりなのですが……

 

今回は特別。

 

うん? なぜパーカータイプばかりを紹介するのかって?
そんなの「リフィルを選べるから」に決まってるじゃないですか。ヤダー

 

書き味の素晴らしいリフィル(替芯)は、全部パーカータイプなんですよね。

しかし、避けては通れない(?)ボールペンがあります。
それがCROSSタイプのボールペン。

(さらに…)

LAMY2000

文具大国ドイツを代表するメーカーLAMYの傑作「LAMY2000」

ゲルト・ハルト・ミュラーが1966年にデザインした名作で、“2000年でも通用するデザインを”という想いで造られた「ラミー2000」。実際は西暦2000年を超過した現在でも人気のある、永遠のロングセラーとなっています。

 

 

継ぎ目がわからないほど手作業で丁寧に磨き上げられたボディは太めの軸で握りやすく、磨き上げられた樹脂の表面には繊細なヘアライン処理が施されています。世界で初めてステンレス無垢材を用いて作られたスプリング入りクリップは、スーツのポケットを痛めず使用出来る秀逸な出来栄え。

ラミー2000

 

 

残念ながらLAMYの製品が使用しているリフィルは、パーカータイプやクロスタイプといった定番規格ではなく、LAMYオリジナルのリフィルを使用。そしてそれは決して素敵なインクとは言いがたい……

が、LAMY2000は50年近くベストセラーであり続け、“4色ペンのスタンダード”として君臨しているモデル。
現在、このLAMY2000と同じ規格を採用している4色ペンは数えきれず、LAMY2000のリフィルとして生まれたこのサイズは、現在では4Cと呼ばれる4色ペンリフィルの一般的な規格になっており、同タイプの替芯はそのまま差し替えて問題なく使う事ができるのです。

 

一例

 

筆者は、赤色三菱鉛筆のSE‐7青色ゼブラの4C-0.7緑色には純正のマルチカラーLM21GNを、そして黒色PARKERを使用しています。

 

2016.03更新

三菱鉛筆が開発したJETSTREAM(ジェットストリーム)に4c規格の替芯が登場したことにより、使用リフィルを更新しました。

黒、赤、青に三菱鉛筆SXR-200。緑にパイロットのBRF-8F-G。4色とも0.7mmを使用中。

 

 

 

 

アーバン

重心をペン先に置くことで書き心地を追求した金属チックなモデル。
ペン先がかなり重いので長時間の筆記には向かないが、重量があり存在感がある。

アーバン パーカー

ツイスト式で芯が繰り出され、ノック式とは一味違う“高級ボールペン”を所有している。と言う気にさせる。
実は同タイプのシャープペンシルもラインナップされており、ボールペンと同じツイスト式で芯が出る変わり種。

 

これだけ重量(感)のある金属製ボールペンは、「高級ボールペン」というジャンル以外には存在しないと思う。
一目で「他のと違う」と思わせる存在感はさすがの一言に尽きる……

ディオン /ペリカン

ペリカン社の変り種。実は持ちやすく質感も素敵なので、初めての高級ボールペンにもオススメのアイテム。

ペリカンのDION
ディオン /ペリカン

くびれを持つ今時のデザインが、書き手に優しいスタイル。
ツイスト式なので、ノック式よりもスタイリッシュなペンです。
ペリカンはパーカータイプのリフィル(芯)を採用していますので、最高の高級ボールペンリフィルよりインクを選ぶ事が出来ます。