サファリ改造

ジョッター

 

ペン先にボールが付いているペンを総称してボールペンと言いますが、筆記具の世界ではだいたい油性インクのペンのことをボールペン(ただしくはボールポイント・ペン)と言い、水性インクを使用するペンのことをローラーボール・ペンと言います。
(さらに…)

ポストイット

 

いわゆる“付箋”というやつですね。
ここで、今回オススメする「ポスト・イット」について、まずは簡単にご説明します。

 

付箋=ポスト・イットと思われている方も多いようですが、「違います」
ポスト・イットとは、「3M」社が販売する付箋の商品名です。

3M社の商品以外をポスト・イットとは呼ばないので、注意してくださいね、アレらは似て非なる物です。
※類似例「それどこのiPod?」。年配の方的には「それどこのウォークマン?」

3Mと言えば、メンディングテープや両面テープも有名な接着に特化した、世界中で愛用されている米国の企業です。日本では住友3M

バンドエイドなどもそうですが、本家と類似品はやっぱり違う。
付箋を利用するなら、「ポスト・イット」を購入しましょう。

 

閑話休題


 

さて、ポスト・イットの使い方ですが、しおり代わりに使うだけではもったいない。
現在、文具界で主流となっているポスト・イットの使い方は、ToDoとして使うことです。
ポスト・イットでToDoリスト

作業をやり終えたら剥がして捨てる。そんな使い方
“ちょっとしたこと”のメモにとても便利なのです。

ノートや手帳は言うに及ばず、パソコンのモニタや受話器などに、本日(近日)やらなければいけない作業を書いてペタリ。
◀︎ノート、手帳にはこちらの徳用パック

 

◀︎もう少しガッツリ書くならこいつ

 

◀︎モニタのベゼルなどに貼るなら、強粘着のこいつ

 

ポスト・イットを活用できると、作業効率があがると思います。
朝、出勤したら手帳を確認し、本日行わなければいけない作業内容をポスト・イットに記入し、パソコンのモニタなどにペタリ
ポイントとしては、1つのポスト・イットには1つの作業だけを書くということ。
作業を終える毎に外して捨てちゃいます。

帰社する時には、朝貼付けたポスト・イットが全て剥がされているのが理想の状態。

3M以外の付箋で、愛用しているのがこれ

ココフセンです。
台紙毎ノートなどに貼付ける事ができるので重宝しています。

 

ノートは方眼こそが正義

 

最初に言っておく。
「社会人のノートはA規格だ」
B規格なんて、社会に出てからは目にする機会もほとんどないのではなかろうか?
知らない人も多いかもしれないが、「B規格って日本独自のガラパゴス文化だし」

と、言う事で
社会に出たならノートはA5かA4サイズ。
社内の書類なども大概A4サイズでしょう。2つ折りにするとA5ノートにぴったり挟めるので何かと使い勝手が良いです。
持ち運び重視ならA5サイズ。ガッツリ書きたいのであれば、A4サイズノートがおすすめ。

 

そしてノートの罫線は「無罫」が至上。次いで方眼です。
日本人は横罫がひいてあると、つい罫線に沿って文字を書いてしまいがち。
それでは自由な発想でノートを取る事が出来ません。

まったくの「自由に書いてもよい」が合わない方は、ぜひ方眼タイプのノートを使ってみてください。

 

現在のノート術のトレンドとしては、ノートの2冊使いが主流。
ノートカバーを使用し、左側にはメモパッド、右側に方眼ノートを装着して使います。
2冊使いを行うノートカバーで、2強となっているのはコクヨのシステミックキングジムのレザフェスですが、個人的にはシステミックの方がおすすめ。

やれる事は変わらないのですが、レザフェスの安っぽい質感がとてもイヤ……システミックのキャンパスっぽさも好きではないのですが、レザフェスに比べるとなんぼかましです(´・ω・`)

詳しくはノートカバーのおすすめをご覧ください。

easyFLOW

 

書きやすいボールペンが欲しいんだけど、どれがおすすめ?

 

 

そう聞かれたなら、私はこう答えるでしょう。
「パーカー芯が入る軸であれば、好きな物を選べ」

 

お待たせしました。
今回は至上の書き味を誇るリフィルのご紹介。

なぜ、このサイトでは(一部を除き)パーカータイプのボールペンしか紹介していないのか?
なぜ、パーカータイプから選ぶ必要があるのか?
パーカータイプである理由。全てここにあります。

(さらに…)

romeo

高級ボールペン

“書きやすいボールペン”とは、いったいどういうことだろう。

文具好きや、物を書く機会の多い方なら、書きやすいボールペンを求めたことがあるのではないだろうか?
実は、ボールペンの“書きやすい”は、2種類あるのだ!

 

 

(さらに…)

safari

カラーバリエーションが多い、カラフルポップな素敵ペン
ドイツの文具メーカーLAMYのSafariをご紹介です。

safari

毎年販売される限定色モデルもあり、とにかく“集めたい”心をくすぐる愛いやつ。
(さらに…)