lamy_safari

ドイツの名門文具メーカーLAMYの定番「サファリ」

 

Lamy

 

 

世界中の若者より絶大な支持をうける今時の万年筆の定番商品サファリ。
タフな使用に応える無骨な、それでいて洗練されたデザインとポップな色使いが特徴の万年筆。

ラミーの万年筆サファリ
▲ 限定モデルなどカラーバリエーションが豊富に用意されるサファリ

 

 

金額のわりに安っぽくなく、高品質な商品。
実用的な普段使いにおすすめできる筆記具で、他の入門万年筆とは一線を画すデザイン。
大人の使用にも十分耐えるモデルだと思います。

難点をあげるとすれば、ついついカラーを集めたくなってしまうこと……(;´Д`A “`

 

 

 

 

万年筆カクノ

肩肘張らずに気軽に入門!そんなおすすめ万年筆がパイロットの「カクノ」

パイロット万年筆カクノ

 

定価1000円という驚異的な価格を実現した、品質に定評のある日本製。パイロットのカクノです。
万年筆のご購入を考えている方。まずは「カクノ」か「ペリカーノ」あたりで、「そもそも自分に万年筆は合っているのか」を確かめてみてはいかが?

日本では、まぁ好きな人以外にはおよそ関わり合いにならない万年筆。なんとなく難しそう……と、思われる方も多いのでは?
本当に「愛用する1本」を選ぶのであれば、1万円前後の万年筆をおすすめするのですが(理由は次回)、1万円だして「自分には向かない」ではもったいないですしね(`・ω・´)シャキーン

 

 

カクノをおすすめしたい理由

まずは店頭で簡単に手に入れることができる入手性の良さ。もちろん超絶にお求めしやすいそのお値段も◎。
日本製ってことで、値段のわりに品質もよいです。
そしてなによりポップなカラーが可愛い(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

パイロット カクノ
▲ ついつい集めたくなるポップなカラーが豊富

 

 

kakuno

 

男性ががっつり使い込むには可愛いすぎる商品ではありますが(✿ฺ-ω-)
まぁクライアント先などでネタになるかもしれない。

 

 

パイロットの万年筆カクノ

pelikan

大人の文具の代表格と言えば、やはり万年筆でしょうか。
でも万年筆、正しく使ったことがない人の方が「苦手意識」を持っていますよね(´>∀<`)
そんなに難しいものではありませんよ〜確かに、ボールペンほどタフじゃないですけど、大人が普通に使用する環境であれば、さしたる問題はありません。
まさかランドセルごと投げたりしないですし、もちろん万年筆単品投げも良い大人ならしないでしょうし……

 

万年筆が欲しくなる! そんな動画

でも万年筆ってお高いんでしょ?

いいえ、そんなことはありません!

pelikan

ドイツで生まれた至高の万年筆メーカーの一角「ペリカン」

ドイツでは小学生から万年筆を使うほど、万年筆が一般化しており、ペリカンには「万年筆入門モデル」とも言われるペリカーノJrがある。

ペリカーノjr

 

このペリカーノジュニアは、ドイツの小学生が使用する“初めての万年筆”として有名。

ビビッドなカラーと安価な値段。お手軽に扱える気楽さが特徴。

現在は本拠地をスイスに移してはいるが、文具大国ドイツで生まれ、今も売上の半数をドイツで賄う筆記具メーカー。それが「ペリカン」なのだ。

 

カリカリと書いてやっても無茶な使い方をしても安心。
なにせ、「小学生が使うことを前提に販売されている万年筆」なのですから(´>∀<`)