活用ノートカバー

活用ノートカバー

発展途上? すぐにでも使い始めたい注目の文房具

 

一度使い出したら止められない。ノートを活用するための必須アイテム「ノートカバー」。ただのカバーと侮るなかれ、地味に進化している今注目の文具なのです!

おおかた行き着くところまで到達してしまった感があるペンやノートと違い、ノートカバーは今まさにニーズに合わせて進化中なのです。

(さらに…)

ブロックロディアホワイト

ブロックロディアに待望のニューアイテム

blocrhodia_white

ブランド生誕80周年を迎えた2014年。今までのオレンジ、ブラックに第3のカラー「ホワイト」が登場!

待ちこがれたロディアのニューモデル。美しいデザインの、実用性に期待が持てるブロックロディア ホワイト
これぞ社会人のためのメモパッド! (さらに…)

トロイカDIN-A5カバー

大人が持つに相応しい。

“大人のための”美しいデザインと品質をもつ、最高のノートカバー

ヨーロッパの名デザイナーを起用するドイツのメーカー「トロイカ」が販売する手帳カバーがこちら。
DIN A5手帳カバー

troika

 

商品名は「手帳カバー」だが、A5サイズであれば普通にノートカバーとして使用できます。
過去にも書いた通り、現状ではこれぞ最強のノートカバー!と言える商品はないです。

 

使い勝手を選ぶのであれば、コクヨのシステミック リングノートが頭一つ抜けている実力派だが、いかんせん安っぽい。(事実安い)
学生さんが使うのであればまったく問題はないが、ビジネスバッグから大人が取り出すには著しく品が……

そして、品格と品質。大人が使用するに堪える美しいデザインで選ぶならTROIKADIN A5手帳カバーだと思う。

 

使い勝手で選ぶのか、デザインで選ぶのか……その2強が上の2アイテム。
ちな自分は両方使ってます(;´Д`A

 

デザインは重要ですよ?特にビジネスの世界では。
もしも、実をとり花を重用視しないのであれば、ビジネスマンの腕時計はみんなG-ショックでいい。
今時でいうならむしろ腕時計など着けずに、スマホでも十分だしね。
家や車の契約をするときにプラスチック軸のボールペンだされたら、それはそれで「なんだかなぁ〜」とも思う。

人は見かけが9割。いかに泊を演出してハッタリを効かせるのかってのは意外と重要だと思います。

私、元アパレルのショップ店員でもありましたし、人一倍相手の身なりをみたりもするもんで……
もちろん「当たり障りのないアイテム」であれば、無理して気取る必要もないのですが、レザフェスやシステミックは明らかに安そうなんです(。•́︿•̀。)

 

トロイカ手帳カバー

 

その点で言えば、トロイカのノートカバーは満点を差し上げても良い位のクオリティ。
大人になれば、革製品が欲しくなったりもするんですよね(*´ω`*)
使う毎に自分の物となっていく。この愛着と所有欲が、「よい品」なんですよ。
このカバーはとにかくスタイリッシュで美しく、ビシネスに打ってつけのアイテムだと思います。

問題は、カバー左側にメモパッドが収納できないってことくらい。
ノート2冊使いのノート術を行いたいのであれば、それが致命的でもありますがね。

 

活用のノートを選ぶのか、所有する喜びをとるのか

現在のノートカバーは一長一短です(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…
今も新しく自分の琴線に触れるノートカバーを探し中です。

そしてこのトロイカのノートカバーには、上の“普通”タイプと“観音開き”タイプがあります。
両方持ってるんですけど(´>∀<`)
トロイカA5ノートカバー
▲ 自分がもっている観音開きタイプのレッドペッパー

とにかく格好良いです(*´ω`*)
ただし、頻繁に開け閉めするのならめちゃくちゃ面倒……
ノートを開くのに一手間かかるこちらのタイプは、残念ながら私の使い方には合わなかったので、上で紹介している「カプチーノ」色のカバーを買い直し、観音開きタイプは自宅でゆっくり書くのに使用するプライベート用になっています。

 

書く時には腰を据えてしっかりと書く!の方にピッタリのアイテムだと思います。
こちらの観音開きタイプにはトロイカの「スリムペン」がオマケでついてくるのですが、これは贅沢なオマケ。
このスリムペン。定価で2000円を超すボールペンであり、しかもリフィルは「書きやすい高級ボールペンリフィル」第1位のeasy flowを搭載……
ホント贅沢な……。個人的には細身のペンが好きではないので、まったく使用していないんですけどね。
トロイカスリムボールペン 2415円

 

上記の2種類にはそれぞれ、「ブルーキャニオン」、「ミッドナイト」、「レッドペッパー」、「カプチーノ」の4色が展開されており、そのどれもがとても美しい配色。もっとも、どうせトロイカを買うのなら「ミッドナイト」ってただの黒色なので、他3色こそがおすすめです。

 

 

他のノートカバーとは格が違いますよ?
もちろん、中のノートを交換しずっと使い続けることができるアイテムなので、実はコスパもそれほど悪くはないと思ってます。
だから2種類買ったわけだし(`・ω・´)

 

 

 


 

ノートは方眼こそが正義

仕事で効率を上げたい。能率を上げたい。
そう思っている将来有望なアナタ。

 

アナタの思い込みをあらためることで
新しい働き方が見えてくるかもしれません。

 

アナタはノートの使い方をそもそも間違えている!

 

アナタはノートに議事録を書きたいだけなのか?
そうじゃないのでしょう。
学生の時は、板書だったり、教科書や例題を繰り返し“書いて覚える”だけに使っていたかもしれません。
しかし、社会の現場で使われるノートには、もっと可能性があります。

ノートは、覚えておく以外にも、頭の整理や発想を形にする作業といった使い方があります。
もやもやとしている頭の中身の整理ですよ。
そんな時、横罫はとても邪魔。書き手の思考を遮るのです。
横罫のノートでは、国民総几帳面である日本人は、ノートの本領を発揮できていないのです。

 

 

ノートは自由に書く

「自由に書くと言うルールがある」と言えます。
そして、ノートの有意義な使い方とは、ノートを無駄に使うことなのです。

手帳などでもよく言われる、文具人(ヲタク)の格言にこんなのがあります。
「1リフィル、1案件」
ページの上部にしか書かなかったとしても、案件毎にページを変えろってことです。
紙の無駄遣いと感じるかもしれません。しかし、ノートなんて安いものです。
感性と時間にこそコストをかけるべき。

 

ノートを書く時にも一工夫してみてください。
私なんかは、ノートの中央より右側から書き始めたりします。基本的にノートの左側はあいてる。
ここはインデックスや、後に追記したり、重要なことだけを書き込んだりするスペースとして使っています。
しかも、文字のサイズもまちまち。雑誌を作っているイメージで、文字の大小、配置、イラストなどでレイアウトに凝ったノートになっています。

ほらね、横罫のノートだと使いにくいでしょ。

 

だからススメルのですよ。「方眼タイプ」のノート
実際に方眼のノートを一度使ってみたら、言っている意味を実感すると思います。
方眼ノートを使ってみようか…とも思わなかったアナタの頭はすでに硬化している。
方眼ノートを使ってみたが、実感しないのであればアナタの頭はまだ固い。
考え方をまったく変えて、ノートの取り方を一度全部忘れてからリトライしましょう。

 

で、お勧めするノートの条件とは

・自由な発想を形にするための方眼
・次々ページを変えても惜しくないページ数
・社会人の基本サイズ。A企画

上の3つが抑えるべきポイント

 

それらを踏まえたお勧めのノートはこちら

ミドリ MDノート A5サイズ 方眼罫


LIFE ノーブルノート A5サイズ 方眼罫


マルマン ニーモシネ A5サイズ 方眼罫

ノートを使って仕事に活かしたい方は、こちら必読

日本では、ノートの取り方ってやつを学校で習わない。
しかし、米国など主要発展国では、ノートの書き方使い方を勉強する。
あなたは、ノートのホントウの使い方をまだ知らない。

index02


 

 

 

ずばり、インデックスを活用しましょう。

clipper02
ノートや手帳などはもちろんの事。
社会人の方にオススメする活用方法としては、クリアファイルと一緒に使う方法です。

←クリアファイル100枚セット

 

クリアファイルに、「作業中」や「企画1」、「企画2」、「一時保管」など、思い思いのインデックスをつけて書類の整理に役立ててください。
「書類の整理」こそ、もっとも仕事を効率的に回す最善の方法なのです。

▲あわせてオススメの書籍

 


そして、インデックスを付けたクリアファイルはこちらのブックスタンドへ
仕事机の上で非常に役立つ「リヒトラブ」のブックスタンド。
この商品。底にゴムがついており横滑りしません(`・ω・´)ちょっとしたことですが、すんげぇ使いやすいです。

 

ブックスタンドへは、横向けて並べる方がスッキリしますので、インデックスの位置をズラして貼っていけば、より使い勝手が良いです。
ブックスタンド、インデックス活用の仕事術

 


ポストイット

 

いわゆる“付箋”というやつですね。
ここで、今回オススメする「ポスト・イット」について、まずは簡単にご説明します。

 

付箋=ポスト・イットと思われている方も多いようですが、「違います」
ポスト・イットとは、「3M」社が販売する付箋の商品名です。

3M社の商品以外をポスト・イットとは呼ばないので、注意してくださいね、アレらは似て非なる物です。
※類似例「それどこのiPod?」。年配の方的には「それどこのウォークマン?」

3Mと言えば、メンディングテープや両面テープも有名な接着に特化した、世界中で愛用されている米国の企業です。日本では住友3M

バンドエイドなどもそうですが、本家と類似品はやっぱり違う。
付箋を利用するなら、「ポスト・イット」を購入しましょう。

 

閑話休題


 

さて、ポスト・イットの使い方ですが、しおり代わりに使うだけではもったいない。
現在、文具界で主流となっているポスト・イットの使い方は、ToDoとして使うことです。
ポスト・イットでToDoリスト

作業をやり終えたら剥がして捨てる。そんな使い方
“ちょっとしたこと”のメモにとても便利なのです。

ノートや手帳は言うに及ばず、パソコンのモニタや受話器などに、本日(近日)やらなければいけない作業を書いてペタリ。
◀︎ノート、手帳にはこちらの徳用パック

 

◀︎もう少しガッツリ書くならこいつ

 

◀︎モニタのベゼルなどに貼るなら、強粘着のこいつ

 

ポスト・イットを活用できると、作業効率があがると思います。
朝、出勤したら手帳を確認し、本日行わなければいけない作業内容をポスト・イットに記入し、パソコンのモニタなどにペタリ
ポイントとしては、1つのポスト・イットには1つの作業だけを書くということ。
作業を終える毎に外して捨てちゃいます。

帰社する時には、朝貼付けたポスト・イットが全て剥がされているのが理想の状態。

3M以外の付箋で、愛用しているのがこれ

ココフセンです。
台紙毎ノートなどに貼付ける事ができるので重宝しています。

 

ブロックロディア

ビジネスで使うノート。昨今のトレンドはやはり、ノートの2冊使いですかね
夢広がります(`・ω・´)

一般的な2冊使いは、右側にノート、左側にメモパッドが多いと思いますが、
メモパッドの代表格と言えるのがこれ、「ロディア」のメモパッドさんです。
ブロックロディア

縦めくり、方眼、ミシン目
メモパッドの基本をおさえた良品。

ガシガシ書いて、ガンガン捨てる。
そんなメモをとる使い方なので、特に紙質が素晴らしいだとか、インクのノリがどうだとか、無粋な話は致しません。
走り書きや、ちょっとしたことを書く。それが“メモパッド”の存在意義

 

しかし、個人的には主張の激しい紫色の罫線が苦手
関連記事:ロディアの新商品


 


ノートカバーのシステミックに、LIFEのクリッパーとロディアをセット。
それが正しい使い方。

ノートカバー

実は、これぞ最強のノートカバー!と自信を持っておすすめできるノートカバーは現状ない(;´༎ຶД༎ຶ`)

使い勝手を考えるなら2冊使いが可能なノートカバーになるが、2冊使いに対応しているノートカバーでお洒落な商品がない。
お洒落を考えると2冊使いに対応していない。
2冊使えて素敵なノートカバーにはA5サイズがない。

 

 

かゆいところに手が届かない気分……

 

 

 

それでは、使い勝手目線でいうおすすめのノートカバーをご紹介します。

(さらに…)

shotnote ショットノート

文具の世界は、実は未だに日進月歩。
新しい視点、新しい使い方、それらを叶え、より便利に活用できる商品が今も続々と販売されています。

今回おすすめする製品は、数多くの文具メーカーが考える「スマホと手書きの橋渡し」を行うノート。
キングジムのショットノートです。 (さらに…)

ノートは方眼こそが正義

 

最初に言っておく。
「社会人のノートはA規格だ」
B規格なんて、社会に出てからは目にする機会もほとんどないのではなかろうか?
知らない人も多いかもしれないが、「B規格って日本独自のガラパゴス文化だし」

と、言う事で
社会に出たならノートはA5かA4サイズ。
社内の書類なども大概A4サイズでしょう。2つ折りにするとA5ノートにぴったり挟めるので何かと使い勝手が良いです。
持ち運び重視ならA5サイズ。ガッツリ書きたいのであれば、A4サイズノートがおすすめ。

 

そしてノートの罫線は「無罫」が至上。次いで方眼です。
日本人は横罫がひいてあると、つい罫線に沿って文字を書いてしまいがち。
それでは自由な発想でノートを取る事が出来ません。

まったくの「自由に書いてもよい」が合わない方は、ぜひ方眼タイプのノートを使ってみてください。

 

現在のノート術のトレンドとしては、ノートの2冊使いが主流。
ノートカバーを使用し、左側にはメモパッド、右側に方眼ノートを装着して使います。
2冊使いを行うノートカバーで、2強となっているのはコクヨのシステミックキングジムのレザフェスですが、個人的にはシステミックの方がおすすめ。

やれる事は変わらないのですが、レザフェスの安っぽい質感がとてもイヤ……システミックのキャンパスっぽさも好きではないのですが、レザフェスに比べるとなんぼかましです(´・ω・`)

詳しくはノートカバーのおすすめをご覧ください。