safari_ballpoint


質実剛健! 実用できるお洒落な高級ボールペンはドイツのLAMY safari

実用できる高級ボールペンと言うと、見たまんま「高級そうな雰囲気」のボールペンが多いですが、それをおっさん臭いと感じてしまう方もみえるでしょう。

 

社会人ともなれば、そういったシックなペンも1本は持っていてほしいと思いますが、普段使いや、もう少しくだけた場で使用する際、あんまり硬すぎるのも考えもの。

 

 

文具大国でもある日本では、書きやすいだけのペンなら数百円で選び放題ですが、ここは愛用するにふさわしいボールペンの中から、ポップに持つならこれ以外の選択肢はない! といえるラミー社の大定番サファリをお勧めします。

 

サファリの特徴

 

サファリとは、
[ Safari = (アフリカでの)狩猟旅行、サファリ、狩猟隊、冒険旅行 ]

その名前の通り、探検や狩猟など、大自然の中に持ち出して使うことを想定してデザインされたタフなボールペンなのだ。

ポップなカラーで彩られた軸は頑丈プラスチックでできており、ちょっとやそっと乱暴に扱っても壊れたりせず、太いクリップ部は生地の厚い服でも問題なく挟み込めるように大きく口が開く。

屋外でも簡単に筆記できるようにとノック式が採用されているが、もちろんノック部も安っぽい作りではない。ラバーに覆われたノックは見た目も美しく、しっかりとした押し心地とノック音は、100円ほどで売っている一般のノック式ボールペンとは比べ物にならない。

 

 

 

サファリは以下の4種類がある。

 

それでは紹介していきます。

 

 

 サファリのオススメはボールペン

safari_ballpoint

 

「サファリ」と言えばコレを指していることが多いと思います。

一般的なノック式のボールペンなので、ラフな扱いにも耐え、肩肘張らずに普段使いできるはず。
金額的にも一番お安いので、気軽に持てて手軽に使える。1本持っていれば何かと便利な愛いヤツです(*´ω`*)

そしてサファリの最大の特徴ともいえるのが豊富なカラーバリエーション。ポップで目立つ色が多いです。一度ハマると集めたくなるのが難点。


サファリのボールペンに使用できるリフィル(替芯)

PILOTの一般的な油性リフィルが使えます。

サファリのボールペンについての記事はこちら >> タフな男のボールペン。LAMY/サファリ

 

 

 

 サファリの万年筆とローラーボール

safari_02

画像左の3本[スケルトン、ブルー、レッド]が万年筆。
右の4本[イエロー、ブラック、シャイニーブラック、ホワイト]がローラーボール。

似たような形をしていますが、もちろんペン先が違います。また万年筆の方には、軸にインク残量を確認するための窓がついています。
LAMYの万年筆は一般の人が手を出すとちょっと心配なので、ここでは紹介しない。
万年筆に興味があるなら、まずは大人しく国産メーカーから選ぼう。

 

 

ローラーボールとは

今まであまり文房具に興味がなかった方には耳馴染みがないかと思います。
筆記具の世界では油性インクを使用するペンをボールペン(ただしくはボールポイント・ペン)。水性インクを使用するペンをローラーボールと呼び分けます。

ローラーボールは、一般的に油性インクより弱い筆圧でくっきりとした線が出せます。水性インク独特のサラサラとしたインクの書き心地は癖になりますが、水性なので滲みやすかったりもします。
また、水性インクは揮発性が高いため、キャップ式になっているものが殆どです。サファリのローラーボールもキャップ式なので、片手で手軽に…という用途には向かないんじゃないかな。

 

Lamy_safari_pink
画像のローラーボールは軸のお尻にキャップが刺さった状態

インクについての記事はこちら >> ボールペンの種類は2つ! インクは3種類?

 

 

つまりインクが違うのですが、ボールペンもローラーボールも日本の筆記メーカーのインクに変えてしまうので問題はありません。

日本のメーカーが作るボールペンには食指が動かないが、インクは本当に凄いんですよね。そしてLAMYのインクがアレ過ぎる……。

 

ですので、文具★萌道ではLAMYのペンはインクを変えて使うというのが大前提。なのでボールペンとローラーボールの違いは軸のデザインと交換できる国産インクの種類くらいのもん。

 

ローラーボールだと、ゼブラの販売するSARASAや三菱鉛筆のJETSTREAMのインクを使うことができます。
ローラーボールのサファリについてはこちら >> 2016年の限定モデルはちょっぴり大人 LAMY

 

 

サファリのローラーボールに使用出来るリフィル(替芯)

 

ゼブラのサラサクリップが使用するJF-シリーズ。一般的にゲルインクと言われるアレです。※ゼブラ社ではジェルインク

 

サファリのローラーボールに(偶然)使えるサラサクリップ用替芯はサイズが5種類あるので、好みの太さを選べると思う。。

 

またインク色がとても豊富。本体もさほど高くないので、替芯が手に入らなかったらいっそサラサクリップ本体ごと買ってしまおう〜

sarasa_co

 

 

そしてサラサと人気を二分するのが三菱鉛筆のジェットストリーム

三菱鉛筆uni ジェットストリーム

 

サラサもジェットストリームも書き心地はとてもよく、ちょっとこれを超すインクはなかなかないんじゃないの? と言えるレベルです。

でも大人が愛用するにはデザインがちょっと……。

 

 

 サファリのシャープペンシル

 

最後にシャープペンシル。アニメ「けいおん!」の登場人物である田井中律が、サファリのシャーペンを使用していたということもあり、一部界隈で人気になった商品。しかし、はっきり言ってシャーペンは日本メーカーの足下にも及ばない。芯を繰り出すのにノックしたら、スポっと抜けたなんて日常茶飯事なので、あまりオススメはしない。

 

 

けいおん! の田井中律が愛用するサファリ
▲ アニメ「けいおん!」の田井中律が愛用するサファリのシャーペン

The following two tabs change content below.

文具まにあ

編集長とある出版社
文房具が大好きな、とある雑誌の編集長。 同僚に文具の魅力を布教しつつ、いずれ紙面で取り上げてやろうと企んでいます。元アパレル販売員で、機能性よりデザイン重視になりがち。