caran-d-ache-r


 

書き心地がよいのは当たり前! カランダッシュのゴリアット

 

 

カランダッシュ

 

 

今回ご紹介するのは、スイス最大の筆記具メーカー CARAN d’ACHE(カランダッシュ)のリフィル「GOLIATH(ゴリアット)」。

書き心地の良さに定評があり、書き良いインクのランキングでは首位を争う常連リフィル。文具マニアであれば、その名を知らない人はいないであろう鉄板の替え芯です。

 

カランダッシュのボールペンだと849コレクションやエクリドールが有名です。
記事はこちら >> スイスの高級筆記具メーカー「カランダッシュ」の849コレクション

 

 

caran-d-ache-r

 

 

ゴリアットはパーカータイプのリフィルになるので、いろんなメーカーのボールペンに使うことができます。

カランダッシュというメーカーは「書き心地が良い」と言われることが多いですが、その理由がこのゴリアットなのです。

 

 

 

カランダッシュ 849コレクション
ボールペンもさすがはスイスメイドって感じにスタイリッシュです。

 

 

 

ゴリアットはパーカータイプの定番リフィルとして有名なだけあり、書き始めが掠れることもなく、サラサラっとしたインクで書き心地も文句なし。

磨耗に強いタングステンで作られたボール部には、インクが流れる溝が一般的なものより多く6本掘られている。このおかげでサラサラとした書き味が楽しめるリフィルとなっているのだ。

 

しかし、ゴリアットの凄いところは書き味だけではない。
あえて推していきたいのは、その種類が豊富だというところ。

 

カランダッシュのゴリアットは選べるラインアップ

 

サイズは細字(F)、中字(M)、太字(B)の3サイズが用意されており、インク色もそれぞれ黒色赤色青色緑色と4色が揃う充実っぷり。

 

 

 

そうです。ゴリアットはただ書き心地がよいだけではなく、手帳にもってこいのF芯。重要箇所を記す赤インクなど、用途に合わせて選択することができるリフィルなのです!

 

 

 

左から黒インクの F芯の細字0.9mm径、M芯の中字1.0mm径、B芯の太字1.3mm径。
アルファベットに比べ、画数の多い漢字を多用する日本語ではF芯を使うことが多いが、個人的に最高の書き心地を体感したいのならオススメはMサイズのゴリアット。

 

 

 

 

サイズのほか、赤、青、緑色のインクが選べる。

 

 

 

管理人は原稿の校正にゴリアットの赤M芯を、カバンにはクライアント用に黒のF芯を入れたパーカーのアーバンを差してある。

The following two tabs change content below.

文具まにあ

編集長とある出版社
文房具が大好きな、とある雑誌の編集長。 同僚に文具の魅力を布教しつつ、いずれ紙面で取り上げてやろうと企んでいます。元アパレル販売員で、機能性よりデザイン重視になりがち。