社会人の文具ランキング


 

 

社会人が持っておくべき文房具ランキング

まだ持っていない人や新社会人の方におすすめする、できる社会人はみんな持ってるあると捗る社会人の文房具!をまとめてみました。

 

 

 

第1位 多機能ボールペン

ランキング1位 多機能ボールペン

社会人が持つべき文房具の代表格がこちら「多機能ボールペン」。いわゆる4色ボールペンとかですね。
ビジネスシーンでは、ゆっくり腰を据えて「さぁ書くぞ!」という状況ばかりではありません。

効率とは速度。そう、社会の現場では速度が求められている!
クライアント先、会議中など急いでメモを取らなければいけない場面など、ペンを持ち替えることなく、それでいてわかりやすく。
それを叶えるのが多機能ボールペンなのです。

インクの色を換えるだけではなく、モデルによっては蛍光マーカーやシャープペンシル、スタイラスペンなどをセットすることができます。

おすすめの多機能ボールペンはこちら:至上最高の4色ペン。LAMY2000

 

 

第2位 蛍光ペン

ランキング2位-蛍光マーカー

使い出したら止まらない。そしてないとなにかと不便な思いをするのが「蛍光ペン」。
見返さないメモやノートはただのゴミ!だと思うのですが、要点がわかりやすくまとめられているメモが書ければ効率UP
見出しや重要ポイントなどに使うのはもちろん、ノートにまとめて頭をスッキリと整理させるのにも、蛍光ペンは役立ってくれます。

ただし、あまりに多色使いをしすぎると重要なポイントがブレるので、多くても2〜3色くらいに抑えましょう。

 

おすすめの蛍光ペンはこちら:まったく新しい。そんな蛍光マーカーあります。

 

 

第3位 付箋

ランキング3位-ポストイット

ある意味史上最強のビジネスツールとも言える「ポストイット」。
こいつを使いこなせて初めて“仕事の効率”がみえてくる。付箋=ポストイットと呼ばれる付箋紙の代表。

ToDoリストにちょっとしたメモ、重要項目へのインデックス。その使い方は無限大。
手帳に貼るもより、ノートの表紙に貼るもよし、そしてパソコンモニタのベゼルにやるべきことリストを貼り並べていくもよし

色んなサイズを持っておくとより活用できると思います。

 

おすすめの付箋紙はこちら:小さくても凄い。活用できたら仕事が変わるポストイット。

 

 

 


 

社会人のためのスーツ選び、腕時計や革靴のルールはこちら

社会人の教科書
▲ 社会人の教科書

The following two tabs change content below.

文具まにあ

編集長とある出版社
文房具が大好きな、とある雑誌の編集長。 同僚に文具の魅力を布教しつつ、いずれ紙面で取り上げてやろうと企んでいます。元アパレル販売員で、機能性よりデザイン重視になりがち。