ノートランキング


社会人にお勧めのノートランキング!

 

今回は、社会人の方にぜひ使って欲しいオススメのノートを(勝手な)ランキング形式でご紹介します!
さっそくまいります!!

MDノート
私が選ぶお勧めのノート。第1位はミドリのMDノートです。

md_note

MDノートは、「書くことにこだわったノート」のコンセプト通り。
個性も癖もなく、書き手の邪魔をしない素晴らしいノートです。受け身に徹するこのノートは、誰が何で書いてもまったく不満を感じさせない。
主張を行わない姿勢は、真っ白な表紙にも現れている気がします。まるで、「アナタ色に染めて」と言わんばかりの奥ゆかしさ。
糸綴じ製法で作られており、180°真っ平らに開くのも「書くことにこだわったノート」を名乗るに相応しいです。

 

 

 

LIFEノーブルノート
Made in JAPANのクオリティ。LIFEのノーブルノート

ノーブルノート

職人が1つ1つ手作りする、目に優しいクリーム色のオリジナルペーパーを使用する高級ノートの代表格。
サラっとした紙質は引っかかりを覚えず、アナタの筆記をサポートすること間違いなし。
特に万年筆などで威力を発揮しそう。
ただし、自分の好み的にはツルツルの紙質は好きになれず……ペン先が滑るような感覚が不安。

 

 

 

 

 

ツバメノート
格式と伝統をもつ元祖大学ノート。ツバメノート

tsubame_note

ノートの最上級であるフルース紙を使用する書くことを追求したノート
ページ数が30ページから100ページのものまでラインアップ。用途に応じて選べる選択肢の多さが嬉しい。
しかも、ここで紹介するノートの中で1番安くコストパフォーマンスに優れている。
60年以上の歴史を持つのは決して伊達ではなく、愛用するに足る性能を持っていると思う。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

個人的感想

 

上でご紹介したMDノートとノーブルノートは100ページ。ツバメノートは30〜100ページまで種類が豊富。
ガッツリ書くメインのノートには100ページのMDノートかノーブルノート。サブ用途や案件別にはツバメノートの30ページでさっさと使い切るのがオススメの使い方。
MDノートは真っ白だが、ノーブルノートとツバメノートはいずれも長時間の筆記でも目に優しいクリーム色の紙を使用している。
こちらも好みだが、自分は罫線が主張するノートが好きではないため、罫線はいずれも控えめな色合いをしている3商品がランキングに入った。


 

 

 

 

ニーモシネ

学生のノートと社会人のノートは違う。ビジネスを追求したマルマンのニーモシネ

ニーモシネ
「今日の記憶を、明日の創造に」。ビジネスでの利用を念頭において開発された、社会人のためのノート。

「ビジネスノートは裏面を使わない」
ですから、ニーモシネには裏面に印刷のない商品も数多くラインアップされているのです。
企画・開発:石川悟司

全ての製品にミシン目が入り、切り取った時にA4、A5サイズになるように作られているニーモシネ(記憶の女神)。
「ビジネスのためのノート」を追求した大人のための文具の一つの終着点。

現在のところ、自分のメインノートにはなっていないが、NOTE PADのニーモシネを愛用しています。
書くのを邪魔しない、薄い色合いの方眼が自分の好みにピッタリ。

 

 

 

 

 
クリッパー

リングノートを使うなら、LIFEのクリッパーで決まり。
clipper/クリッパー

リングタイプのノートがお好みであれば、クリッパーを選んでおけば失敗はない。
滑らず引っかからずのちょうどよい紙で、鉛筆だろうがボールペンだろうが万年筆だろうが可不可なく受け止め、お求めやすいお値段設定なので「無駄に使うともったいない」と思わずガシガシ書いていける。

ただし〜使い心地マックスなこの商品。いつ頃からかまったく市場に出回らなくなってる(;´Д`A

今のところAmazonで数冊セットを購入することで手に入れることができるので、購入時はまとめて5冊くらい買ってしまおう。

 

 

 

 

 

 

ロディア
「お洒落な文房具」の草分け的存在。メモパッドと言えばフランスのロディア

ブロックロディア

 

ノートの2冊使いをするなら絶対に揃えておかなければいけないメモパッド
そのメモパッドの代名詞と言われるのが、フランスのロディアです。
そのお洒落なデザインから日本でも大ブームになり、愛用者も多いのではないかと思います。
縦にめくれ、ミシン目に沿って簡単に切り取れる「メモパッドの当たり前」は、ロディアが普及させたと言っても過言ではないでしょう。

しかし……個人的にはブロックロディアの紫色の罫線は色が濃すぎて、自分の好みではありません。
オレンジが目を惹くこのブロックロディアを私が使用することはないでしょう(´・ω・`)主張激し過ぎ……

関連記事:出ましたブロックロディア ホワイト

 

 


キャンパス

ノートと言えば?=キャンパスノート

コクヨ& ST Campus

全国民の4割程度が一度は使用したことがあると言われる「日本のノート=Campus」
どこででも手に入れることができ、しかもとても安い。
ある意味、この商品を超える製品は存在しない……これぞ「普通のノート」
個人的には「日本のノートはB5サイズ」という固定概念を植え付けた罪深い製品でもあると思う。

The following two tabs change content below.

文具まにあ

編集長とある出版社
文房具が大好きな、とある雑誌の編集長。 同僚に文具の魅力を布教しつつ、いずれ紙面で取り上げてやろうと企んでいます。元アパレル販売員で、機能性よりデザイン重視になりがち。