romeo


高級ボールペン

“書きやすいボールペン”とは、いったいどういうことだろう。

文具好きや、筆記する機会の多い方なら、書きやすいボールペンを求めた事があるのではなかろうか?
実は、ボールペンの“書きやすい”は、2種類あるのです。

それは、文字通り「書きやすい」と「持ちやすい」事だ
日本で一般的に使われている安物のボールペンと違い、高級ボールペンにとっては、軸と芯(インク)は別物という感覚が強い。
数百円で購入出来る一般的なボールペンを、芯を入れ替えて使う人は稀だろうが
高級ボールペンは使い切ったら替芯(リフィル)を購入し、使い続けるからだ。

シャープペンシルの本体(軸)と替芯の関係をイメージして頂けたらわかりやすいかもしれない

 

書きやすいを求めるのであれば、それは「インク」によります。文具の世界では、それを「リフィル」と言う。
このリフィルと言われる替芯には種類があるのだが、日本のボールペンのように、全てが専用品というわけでもない。

 

勝手に分類するなら
1 パーカー芯タイプ
2 クロス芯タイプ
3 その他
の3種類。

 

そして、このサイトでご紹介しているボールペンは、一部を除き、全てパーカータイプの替芯(リフィル)を使用しているため、それぞれに互換性がある。

 

ではなぜ、パーカータイプのリフィルを使うボールペンばかり紹介しているのか?
理由は簡単。
この世に存在する最上のリフィルは、全てパーカー芯タイプだから。

 

そうです。高級ボールペンと言われるカテゴリーで、「書きよいインク」を求めるのならば、パーカータイプ以外に選択肢はない!と言っても決して過言ではないのが現状なのです。

詳しくはこちら >>高級ボールペン。最高のリフィルランキング
それでは、もう一つのポイントである「持ちやすさ」です。
こちらは軸による。材質やデザインなど設計のお話ですね。
高級ボールペンは「軸を買う」と言い切ってしまう事ができるくらい、
この「軸」にお金を支払っているのです。

筆記時の持ちやすさを意識し、ペン先に重心を置いた物や、エルゴノミクス(人間工学)に基づいた「握りやすい」デザインのもの、肌に馴染むよう材質にこだわった物など、そのアプローチ方法は様々です。

ですので、書き心地を求める文具好きの方は、軸に最初から入っているリフィルを「おまけ」程度に考えており、高級ボールペンは、軸とリフィルを別々に揃える物。と考えてよいと思います。

The following two tabs change content below.

文具まにあ

編集長とある出版社
文房具が大好きな、とある雑誌の編集長。 同僚に文具の魅力を布教しつつ、いずれ紙面で取り上げてやろうと企んでいます。元アパレル販売員で、機能性よりデザイン重視になりがち。