パーカー IM


手帳使いにおすすめ。
2,000円で購入できる黒×金の王道をいくボールペン。

筆者が手帳に差して使っていたところ、父がIMをお気に召した様子だったので贈呈。
2本目を買い直して現在も使用中。

結構な数のボールペンを購入し、また手にしてきた筆者だが
コストパフォーマンスの面でこのIMに勝る商品はそうそうないのではなかろうか。
高級ボールペンとしてはエントリーモデルともいうべき金額。
しかし、頑丈で美しいIMには、安っぽさを微塵も感じないです。

>> PARKER/IM

初めての「愛用していくボールペン」に、自信を持って強烈にプッシュしたい。そんなボールペンです。

 

スーパー必要な人を選ぶ、豆知識にはなりますが……
デザインの関係上、留めベルトの位置にペンホルダーがついているGUCCIのシステム手帳は、
その位置関係上、ペンのクリップでホルダーを挟む事が出来ない。
そして、通常のボールペンよりホルダー径が太いため、適当なペンだと引っかからずにスコスコ
そこへいくとどうだ。このIMは一般的なボールペンより若干径が太い。

GUCCIのシステム手帳にジャストフィットのサイズ。
そしてGUCCIと並べても遜色のない黒金高級雰囲気ペン。
GUCCI好きの方には、なおさらおすすめです。

 

 

また、上のように「お求めやすい金額」なので、贈呈品やプレゼントにも最適。
社会人がお外で使うのにまったく恥ずかしくないボールペンであり、さらに
「パーカー」というメーカーは、相手を選ばない!
ここ重要。見た相手に不快感を与えないというベストなポジションのメーカーなんです。

お?ちょっとよいボールペン使ってるね。とは思われるかもしれませんが、
お?生意気なボールペン使ってるじゃないか。とは思われない。

時計でいうところのセイコーのような扱い。
もちろんパーカーにはグランドセイコーのような「お高いモデル」も存在しますが、ロレックス着けている若造社会人のような目で見られる心配はないと思います。

The following two tabs change content below.

文具まにあ

編集長とある出版社
文房具が大好きな、とある雑誌の編集長。 同僚に文具の魅力を布教しつつ、いずれ紙面で取り上げてやろうと企んでいます。元アパレル販売員で、機能性よりデザイン重視になりがち。