アーバン


重心をペン先に置くことで書き心地を追求した金属チックなモデル。
ペン先がかなり重いので長時間の筆記には向かないが、重量があり存在感がある。

アーバン パーカー

ツイスト式で芯が繰り出され、ノック式とは一味違う“高級ボールペン”を所有している。と言う気にさせる。
実は同タイプのシャープペンシルもラインナップされており、ボールペンと同じツイスト式で芯が出る変わり種。

 

これだけ重量(感)のある金属製ボールペンは、「高級ボールペン」というジャンル以外には存在しないと思う。
一目で「他のと違う」と思わせる存在感はさすがの一言に尽きる……

The following two tabs change content below.

文具まにあ

編集長とある出版社
文房具が大好きな、とある雑誌の編集長。 同僚に文具の魅力を布教しつつ、いずれ紙面で取り上げてやろうと企んでいます。元アパレル販売員で、機能性よりデザイン重視になりがち。